ベルリン・フィルの豪快さを、ゴージャスにデモンストレーションしている。デジタル録音に至る直前のアナログ録音の凄みが遺憾無く出ている。

ウィーン・フィル盤がスタンダードだが、突き抜けている。リヒャルト・シュトラウスかワーグナーかと思えるほど、やりたい放題のカラヤン。チャイコフスキーとして好ましいかどうかはもはやどうでもいい。しかし、眠りの森の美女は、最も […]