GB DECCA SXL6202 ズービン・メータ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ブルックナー・交響曲9番


34-13739

商品番号 34-13739

通販レコード→英ワイドバンド ED3盤

ウィーン・フィルのブルックナー。 ― スコアに含まれた〝歌〟を丹念に、耳にはっきり聴こえるようにクローズアップしていく録音。若きズービン・メータが29歳のときに、はじめてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した名演。1960年代ウィーン・フィルのデッカ録音の魅力全開。木管のソロは、スポットライトを当てるのも当然と言えるほどの美しさ。その美しさは煌びやかさや光沢の度合いではなく、特徴あるウィーン・フィルの楽器の音色をリアルな質感で捉え、ゾフィエンザールを満たすゆたかな響きを捉えた名盤です。この年の秋と翌年にデッカは、ウィーン・フィルとブルックナーの交響曲をゲオルグ・ショルティの指揮で第7番と8番。1969年にはクラウディオ・アバドと第1番。1970年以降に、カール・ベームと第3番と4番。ロリン・マゼールと第5番、ホルスト・シュタインと第2番と6番を録音し、ウィーン・フィルによるブルックナーの交響曲全集がデッカにより完結、日本でも国内盤でそれが売り出された。そのように発展していく最大の理由がこのメータの9番だったのだが、カラヤンの後継者に目されるほどの聴かせ上手だった若き日のメータは1962年からロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督に就任。デッカ=ロンドンの売れっ子指揮者として、録音効果のあがるダイナミックな音楽ばかりで勝負していくことになる。メータとロサンジェルス・フィルが、UCLAのロイス・ホールでセッション・レコーディングで制作したアルバムは、どれも音質が良く、演奏も当時の彼らならではの勢いの良さとダイナミックな力強さが気持ちの良いものばかりで、そうした傾向と作品の性格が合致した場合は無類の心地よさを感じさせてくれたものでした。1959年にはウィーン・フィル、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してデビューし、大成功を収めたのは若干23歳の時。いまや、コンサートのみならず、オペラにおけるレパートリーも広範にわたる。響きは豊潤、スケールは雄大であり、かつての巨匠指揮者を偲ばせる芸風である。メータはヴィルヘルム・フルトヴェングラーに私淑していたということなので、20歳でフルトヴェングラーがデビューした時にも指揮したこの曲に対し、並々ならぬそれを以って臨んだのではないかと思われる。比較的ゆったりとした演奏で、肉厚でなかなか壮麗かつ悠揚としたものになっている。ハンス・クナッパーツブッシュ、オットー・クレンペラー、カール・シューリヒトといった大御所が、まだ存命していた時期の録音。ハッタリのないブルックナーの交響曲第9番の快演盤のひとつで、壮麗なサウンドをもったいぶらずに輝かしく響かせ、まっとうなテンポと声部バランスによって作品の細部に至るまで丁寧に示しています。後期ロマン派における最大の交響曲作曲家の一人であるブルックナー。音楽もことさら深刻にならず、自然な流れの方が強く印象残る。まず本盤を選んだ理由は、英デッカ社の製作陣と録音場所に有ります。名前を聞いただけで良い音がする予感がします。ウィーンの残響豊かなソフィエンザールで、ジョン・カルーショーの残党レイ・ミンシャル&ジェームス・ロック、コーリン・マーフォート、ジャック・ロウが当時スターの階段を上っていたインド人メータを起用して入れたブルックナーということで … 。ダイナミックな迫力、ティンパニのクリアな轟き、躍動的なリズム、艶っぽい響き、同じヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィルとはまるで異なる聴き応えです。力感も十分あり、特にホルンは他のオーケストラでは聴けない独特の音色を思いっきり強奏させて痛快。強奏部でのブルックナー特有の同音反復の洪水の中に少しでもメロディックな動きが埋もれていると、そこは必ず、きちんと耳に届くように強調されていました。盛り上がりが一段落してやや静かな雰囲気に流れていくはずの部分で〝ハイドンの驚愕〟を髣髴させる強烈な一撃、新しいブルックナーの解釈かと思ったほどです。〝ブルックナーの9番〟という曲の性格とはちょっと違うのではないか、と思われるかも知れませんが、これは、楽曲の持つ許容の深さの中で十分ありえるアプローチでしょう。若いメータを迎えたウィーン・フィルとデッカ・スタッフが生み出した〝このときしか出来ない〟演奏だったのかも知れません。録音が良いから、ブルックナーが苦しみ抜いて世に説いた複雑怪奇な9番が、透けて聴こえるのです。

続きを読む

from 100年後でも聴いて楽しいアナログ名盤レコード https://ift.tt/2KKp6ic
via IFTTT